2016年02月05日

donanoyofilm京へ 4

前回の下賀茂神社を出た時分には辺りは薄暗くなり始めておりました。ほんに冬の日は短い。
とはいえ、せっかく京の町を歩いているのだからもう一箇所は巡りましょうぞ。大丈夫、まだ時間はある。

次なる目的地は、ああ、地図で見るとかなり下の方ですね。
ちなみに現在地はかなり上の方です。

IMG_4609 (1).jpg


これをバスで一旦京都駅まで戻ってそこから乗り換えてまた向かうとなると、バスカードは使えるけれど、ちょっと時間がもったいない。
と、目の前に地下鉄の駅があるじゃありませんか。
しかもズドンと次の目的地に行けるじゃないですか。よし、地下鉄。

てなことで、やってきました伏見稲荷
駅からそのまま道なりに歩いていくと、ああ、参道がありますな。

_DSC3565.jpg

店の賑わいがいいですね、なんて歩いていると、お、見えてきましたぞ。

_DSC3568.jpg

ん、今来たのは脇の参道だったのか、表参道はこっちだったんだ。
じゃあ、表から見てみましょ。


_DSC3573.jpg



本殿をお参りさせて頂き

_DSC3584.jpg


ここからもまだ歩く道がありますね。
あっ、ここがかの有名な千本鳥居か。

といいますか千本鳥居を見に来たんですけど、既にかなり暗いです。まあ、でも撮ってみましょう。


_DSC3605.jpg

_DSC3606.jpg

_DSC3615.jpg


凄いですね、本当に鳥居がいっぱいありますね。
これ何本あるんでしょうね?



そして鳥居を抜けると、地図があって

_DSC3617.jpg

ちょ、ちょっと待ってください、現在地がここってことは、これはまだまだ登るわけですか。
もうとっぷり暗いわけでありますよ。さすがにいい画は撮れんでしょう。
ついでにいうと、久々に日中歩いていたら足もそろそろ痛いわけでありますよ。
うん、まず、戻りましょ。


_DSC3624.jpg

伏見稲荷大社さま、拝見させていただいました。
ありがとうございます。

_DSC3625.jpg




さて、帰り
バスカードがあるからバスに乗ろうと、バス停へ。

えーっと、すごい並んでます。バス2台分ぐらいは並んでます。
そしてふと観光案内所で聞いたことを思い出しました。
バスは20分に1本ぐらいです。

こりゃいかん

やおら駅へ向かい直す。
駅ではすぐに来た地下鉄に乗って、確かJRに乗り換えるんだったよなと乗り換え駅で降りると、周りの人が小走り気味に乗り換えようとしています。
なんか、急がにゃいかんのだろうか?と、流れで移動しますと、乗り換えの電車がもう着いて待ってるところでした。
無事乗って、聞くとはなしに周りの声を聞いていると、どうやらこれを逃すと小一時間待ちになるタイミングだったらしい。
おお、なんと相性の良い!

結果、3回乗れば元が取れるというバスカードは2回しか使わなかったけれど、それはそれ、繋ぎがよく京の街を移動できたので、電車併用は良かったです。
今回の旅はおかげさまで、いい巡りに動いていますね。

こうして京都駅に戻り、京都観光の旅は終了。
さ、今宵はいずこの空の下てなことで、別な街の宿泊先へ戻ります。



京都王城激動編
おしまい
posted by ふゆかぶ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

donanoyofilm京へ 3

さて続いては

前回、続くって書いてヒいておいて
今回、ブログ更新しようとしたら、やっぱり続いちゃうよね

といいつつ今回の話は難しい。

なんせ、本当に下調べ無しでふら〜っと行った感が一番強い場所であります
の割には、最近やっていることに関してはかなりご縁があるんじゃないかということで
遠くて近い、難しい場所のご紹介ということになるのではなかろうかと。

と、これくらい前置きでごにょごにょしておけば無知で書くのも許される?んじゃないかという程度には言い訳をしなければない場所かとも思うのですけれども

はい、下賀茂神社(しもがもじんじゃ)をお参りさせていただきました。

_DSC3519.jpg

_DSC3536.jpg


正式には賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)というそうで、そこいら中にぼろぼろと国宝があったり重文があったりする歴史あるところでございます。

_DSC3523.jpg

えっと、あの、はい、お参りさせていただきました。
という程度にしか、田舎者というかまつろわぬ者なので予備知識がなかったのですけれども、行ってみたら素晴らしいところでした。

_DSC3534.jpg






_DSC3545.jpg

_DSC3550.jpg

しかも、馬場があるのもよくわかっておりませなんで、実際に足を踏み入れてみたら、ほう!という感じで、一種の感銘にも近いものを感じながら歩いておりましたよ。






そしてまた、その横といいますか隣といいますか、すぐ近くにあります河合神社(かわいじんじゃ)
こちらも参拝させていただきました。

_DSC3552.jpg

_DSC3554.jpg


そして川も撮ったりして。
後から調べたらこの川、賀茂川というわけではなく高野川なのだそうで。

_DSC3559.jpg

とはいえ、なんだか満足していい時間を過ごしたのでした。



posted by ふゆかぶ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

donanoyofilm京へ 2

京都駅構内
昼も過ぎているので腹ごしらえをしたいところだが、まずはどこに行くかを決めるのが先だろう。せっかくなら駅ナカではなく、町の店で食いたいし。

と構内を歩いていると、京都総合観光案内所を発見。
さすがは観光の町、早速利用してみる。

勝手のわからないどころか、とりあえず京都駅に来てみたんですがここからどうしましょ的ノープラン観光客にも懇切丁寧に対応してくれた。良いところです。

観光案内所での会話で判ってきたこと。
・京都観光にはバスが便利、バス路線がかなり発達している。
・バスは均一運賃区間があり、それであれば1乗車230円。
・1枚500円の一日乗車券カードがある、つまり3乗車以上すればお得。
・下調べなしできたのでどこを見るもへったくれもないんだけれど、話しているうちに距離感と時間から3か所見学プランが浮上。何番のバスに乗ってどこに降りる、ついでに地下鉄も利用すると3乗車できる。


IMG_4609 (1).jpg

案内所のお姉さん、京都弁も交えて教えてくれてありがとう。
よし、となれば観光開始!


IMG_4549.jpg




京都駅からバスに乗って五条坂
そこから歩くと、ほ〜ら清水寺。
なんせ修学旅行の無い世代、初京都といえば、やっぱりここは来るでしょう。




馬駐(うまとどめ)

_DSC3451.jpg

ああ、馬で来た人もここで繋いだんだなぁ。
この梁というか垂木というか、この細工も寺社って感じだねぇ。
そしてこの駐(とどめ)という字は馬がいますね。

などと初っ端から足をとどめながら歩いておりますと



_DSC3458.jpg

_DSC3460.jpg

ああ、なんだか京都っぽい建物が出てきたよぉ。


_DSC3463.jpg

_DSC3461.jpg

_DSC3469.jpg

三重塔はわかりますね。






そしてこれが本堂と清水の舞台でございますな。
向こうには京都タワーも見えます。

_DSC3485.jpg




そしてここは見たかった
阿弖流為 母禮之碑 (アテルイ・モレ)


_DSC3491.jpg

蝦夷の首領阿弖流為とその同胞、母禮
大和朝廷の侵略に長く抗ってきたが、終に征夷大将軍坂上田村麻呂の軍門に下り京都へ連行される。
田村麻呂は両名の武勇人物を惜しみ助命嘆願するが、朝廷には受け入れられず阿弖流為、母禮は処刑される。

_DSC3493.jpg

ということは以前から知っていたのですが、清水寺が田村麻呂開基でありその境内に碑が建立されているというのは最近知りました。
ここは陸奥の者として是が非にも見ておかなければと、実は今回のノープランツアーの中でも、ノープランなりにかなり重要ポイントだったのです。

阿弖流為とお母さんが祀られている、訳ではないんですよ。







その後、土産物屋を素見すなどしながら次のバス停、祇園を目指し歩いていると、八坂神社が見えてきた。
うわぁ、ここもテストに出る(何の?)有名どころですよね。

_DSC3507.jpg

というか、京都、有名どころが狭い範囲にありすぎ。あれも見たいこれも見たいのはやまやまなれど
半日ばかしの日程ではとてもじゃないが回りきれない。
ここは写真だけ撮って次の場所へ向かいましょう。

良さげな店で昼飯を取るという野望はここで既に食いっぱぐれが決定したので、ローソンでパン食いました。


つづく




posted by ふゆかぶ at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする