2017年06月11日

チャグチャグ馬コを見たんだ〜

みちのくに初夏を告げるチャグチャグ馬コ
日付固定だった頃は晴れの特異日といわれていたけれど6月第2土曜になって、直近過去10年では何でも2〜3回しか晴れていないらしいチャグチャグ馬コ
いつも軽種に乗っている身としては、重種はおっかないねぇと思うチャグチャグ馬コ

そんなチャグチャグ馬コ
予定はしていなかったのだけれど、突然当日朝に見に行く事に。
現地で色々な人に会えたので、結果、今年はどうやら馬コに見に来いと呼ばれていたらしいです。


とはいえ時間的に出発時の鬼越蒼然神社狙いしかなかったので、朝8時過ぎぐらいには滝沢へ
神社には一般駐車場が無いのですが、近くの鵜飼小学校が校庭を臨時駐車場にしてくれていていますので車を停め、
臨時無料バスのバス停になっている鵜飼小学校前からバスに乗り込み。
バスは滝沢市役所発経路(これに乗った)と盛岡駅発経路の2系統あって、本数もかなり用意してもらっているみたい。

なのですが、たまたま乗ったこのバスに弘前の友達が乗っていて再会に驚く!
来年見にこよう、来年見にこようの「来年」は永遠に来ないと、今年は6時に弘前を発って8時ごろに滝沢に着いたらしいです。いやぁ、すごい偶然。



バスを降りると鬼越蒼然神社に到着。道中出発の小一時間前ってなとこでしょうか。
馬コも姉っ子もちびっ子も集まり始めていますね〜

IMG_0385.jpg


IMG_0405.jpg

やっぱり久々に見る重種はでかい!
馬の身長は背中までの高さで測るのだけれど、180cmとか2mとかありそうなのもちらほら。蹄もこーんなにでかい。

いつも乗ってる軽種は135cm前後ってとこでしょうから、やっぱこいつらこぇぇぇ〜〜〜、チャグ馬乗る人たちすげぇぇ〜と思ってしまいますな。

IMG_0402.jpg







馬も参道から拝殿してお参り
そして待機場へ

この待機場、特に囲っているわけでもなくギャラリーさんも入り放題

IMG_0414.jpg

放題ではあるのだけれど、写真撮るのに夢中で馬の後ろ数十センチの近距離に無防備に立つ人も続出でね
毎度のことながら、蹄がこ〜んなにでっけいこいつらに蹴られても知らねぇぞと、勝手にドキドキしちゃうのです。
まあ、こういうのもひっくるめてのチャグチャグ馬コなんだろうなぁと。











さて、あ、そうそう
今回、突然に見に行ったので写真はすべてあいぽんです。

ま、ちなみに、前回見たのは2014年、結構前ですな。写真的には一デジの前回の方がちゃんと撮っていると思われまする。

とはいえイマドキのあいぽんさんも、結構それっぽく写るよね。


IMG_0419.jpg

あくびするぐらいリラックスしているちびっ子とか



IMG_0410.jpg

カメラ目線心得ている姉っ子とか


IMG_0425.jpg

なんかとか




さて、境内もぐるっと回ってみましょ。
滝沢ゆかりの知り合いがテントにいて風船配ってたり
劇で共演した人が、この後の民謡大会の準備で仕事モードだったり
その他にもちらほらあったりで、なかなかに良い話ができたぞ。
やっぱり今日はここに呼ばれたんでしょうね。ありがとうございます。




そろそろ出発のようで

IMG_0421.jpg

IMG_0439.jpg


やあ、今年も見たね。
ではここから15km、盛岡八幡宮目指して行ってらっしゃ〜い!





posted by ふゆかぶ at 11:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

茶家 de えんぶり鑑賞会 2017

さて昨年に引き続き今年も行われました「茶家 de えんぶり鑑賞会」

「北村茶屋&殿さまあんぱん」に「福田上えんぶり組」が門付けに来て、茶家の縁側であんぱんかじりながらみんなで観るという、なかなかに贅沢な鑑賞会です。


_DSC3948.jpg



_DSC3955.jpg


去年に比べると雪があって、これもまた風情が良いですなぁ。




ポジション取りが逆光になっちゃってさ
せっこぎだから一回そこにいるとあまり動かなくなるもんで、現像大変
とはいえ、ぼちぼち上げますよ〜



_DSC3964.jpg


_DSC3968.jpg


_DSC3975.jpg


_DSC3982.jpg


_DSC4000.jpg


庭先だけど、ロケーションもなかなかいいでしょ。





_DSC4005.jpg

逆光っす




_DSC4007.jpg


_DSC4024.jpg


_DSC4041.jpg



_DSC4049.jpg



_DSC4053.jpg


_DSC4061.jpg


_DSC4067.jpg


世の中には、「可愛い子にはレンズを向けろ」という格言があってだな
その通りにするわけですよ。うんうん。
去年と比べると同じ子の成長も見てとれるかもね。



_DSC4079.jpg











_DSC4135.jpg


_DSC4136.jpg





「北村茶屋&殿さまあんぱん」さん「福田上えんぶり組」さん、今年も企画してくれてありがとう。
来年もやってね!



posted by ふゆかぶ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

大日堂舞楽を見る

鹿角の大日靈貴神社(オオヒルメムチジンジャ、通称 大日堂)で奉納された大日堂舞楽を見てきました。
と、この冒頭文は昨年と全く同じではないか。

モノの本によると、大日靈貴 オオヒルメムチはウヒルキ(ギ)と読み、「ウ」大いなる、「ヒ」日の輪、「ル」日の内霊、「キ(ギ)」杵、杵は女夫(めおと)の男の君を表すということで、ざっくりとまとめると、大いなる太陽の姿と霊性を宿した君となり、ウヒルキはアマテルカミ=男神の幼名であった。
というようなことらしいのですが何とも判らないので、ロマンということにしておきましょう。

と、いきなりあちゃこちゃ飛びまくっておりますが、戻りまして

毎年1月2日に行われる大日堂舞楽を見てきました。
早池峰神楽と同じ年にユネスコ無形文化財登録された、1300年もの歴史があるとされる舞楽です。

昨年に続き、2年連続2度目の見学となります。
昨年とは違う場所にポジション取りをしました。また違ったアングルの写真になっております。
あと、昨年の見学でフラッシュライトほしいなと痛恨したので、今年はつけてみました。違い、どうなっているんでしょうね。


相変わらず遅筆なのですが、どうにかこうにか1月のネタを1月の内にアップしてみよう!ということで、書いております。

が、ちょっとまとめきれないかもしれない。
いや、まとめるのが難しいような氣がする。
ブログ用に写真だけは仕込んでおいたのですが、文が追いつかない。文章書きって難しいですね。
といって写真を並べる態勢に逃げつつ更新でありますよ。

怒涛の三十数枚一挙掲載
まあ、眺めてやってくださいませな。


_DSC2056.jpg


_DSC2061.jpg


_DSC2083.jpg


_DSC2084.jpg



_DSC2092.jpg


_DSC2101.jpg


_DSC2104.jpg


_DSC2115.jpg


_DSC2117.jpg


_DSC2133.jpg


_DSC2149.jpg


_DSC2153.jpg


_DSC2159.jpg


_DSC2167.jpg


_DSC2199.jpg


_DSC2235.jpg


_DSC2241.jpg


_DSC2245.jpg


_DSC2266.jpg


_DSC2293.jpg


_DSC2300.jpg


_DSC2450.jpg


_DSC2379.jpg


_DSC2390.jpg


_DSC2393.jpg


_DSC2405.jpg


_DSC2409.jpg


_DSC2412.jpg


_DSC2442.jpg


_DSC2450.jpg


_DSC2487.jpg


はい、怒涛の一挙掲載でした。




来年以降見学に行こうと思っている方へ
まずは新年のお参りを致しましょう。
寒いです、長いです。ということは、小用が大変です。
三脚は邪魔です。
神楽殿に手をついたりする不届き者もいますが、自分はならないようにしましょう。
ぐらいかな。



当ブログ、今年もゆる〜〜〜くよろしく。
posted by ふゆかぶ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする