2010年12月31日

年越しの日に

起きると雪が積もっていた。

軽く吹雪きつつ、雷も鳴るという
雪と雷なんて、覚えている範囲では、初めてのことではないだろうか??




あれぇ〜、ま、雪掻きでもするか。

始めた頃はまだよかったのだが
時間的に暖かくなってきた事もあったのか、降る雪も湿気が多くなり
雪掻きを済ませる頃には、ウエアも濡れてしまっていた。




よし、風呂入ろう。


風呂上がって、ふーっとしていると突然
バキっという音が

家の車を入れている小屋の梁が割れていた。

ああ、最近の雪の重みでねぇ
はっは、成る程ねぇ。


とりあえず持ち主に車を脱出させ
小屋の屋根の雪掻きなどを指示


おれの車ではないので、余裕の対応をしていたのだが



ん?




こっちがイッたということは
バイクを置いている小屋の屋根もあぶないよな。
そりゃ、雪掻きしなきゃ。

屋根に登って救出作業に励みましたとも。


ここで午前中終了。


雪はまだ降り続いております。
というか、大雪警報がでております。



とりあえず昼飯に、餅を食って
ぼーっとしてたら



停電






火力関係は
反射式ストーブ、ガスレンジなので大丈夫だね。
したら、自家水道なので、ポンプが止まって水が出ない。




まあ、さっき風呂入ったから今日はもういいし
水は、湧き水のところに汲みに行ってもいいし
何なら、新雪がどんどん降り続いているから、雪を暖めて水にしてもいいし

この時点で
餅はあるし、煮染めにも火は入っている。


まあ、暮らす分には何とかなるだろう。








だが、困った事に
おっりゃ−、ネット止まったじぇぇぇ
ブラウスもtwitterもできねぇじぇぇぇ



MacBookはバッテリーで動くけど
ルーター止まった

iPhoneはあるし、車で充電もできるけど
ルーター止まってるからWiFiも止まってるし、そもそも家は3Gも圏外だ

FOMAのガラケーはあって、電波もバリ立ってるけど
ネット系には使ってない






とりあえず
湧き水くんで、マグライト予備用の乾電池を買ってこよう。










そして、家に戻ると



おお、停電復旧してる!!
ありがとう、電力関係者さん。






というような流れでもって
年取りの日の昼は過ぎていったのでした。






さ、そろそろ飲み食い始めよ〜っと。







ということで、本年もお世話になりました。ありがとうございます。
良いお年をお迎え下さい。
posted by ふゆかぶ at 18:22| 岩手 ☁ | TrackBack(0) | カブ  やバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

いよいよシーズンイン

年内はどうかな?というような暖かい日々が続いていたのですが
冬将軍の野郎、ホワイトクリスマスに合わせたように、きっちり雪を降らせやがりました。
各地では、枕元のブツや雪に喜ぶこどもと、雪掻きにうんざりする大人、みたいな構図ができあがっていそうな朝。


前夜の、最低気温予想では-6度だかということで
それよりは確実に低くなるいつもの温度計ポイントは、いよいよ二桁に突入するかとワクワクしていたんだけれど
6時頃一度目覚め外の雪を見た時点で、どうやらそうでもないらしいと、二度寝。
8時半に起きるという、ずいぶんゆっくりした朝を迎えてしまった。


6時頃に起きた時点で、これはイケる!と確信した場合には、
朝っから車の雪掻きして、写真撮るだけのパトロールをしてこようと目論んでいたのだが
もうある程度、日も昇ってしまったこの時間では
それだけの為に車の雪掻きするのも面倒くさい。
ただ、その気持ちだけは少し残っていた。


あ、カブで行けばいいじゃん!!



やおら、ドカジャンの上下に長靴、スキーグローブという、いわゆる標準装備を身につけ
カブを屋根の下から引っ張り出し、暖気を始める。

いちおう免許と小銭入れぐらいは持とうか。
カメラ…は、K-7まで引っ張り出すには雪が舞いすぎている。あいぽんさんで十分だろう。




それでは、定点観測の温度計へ向けて
いざ出発






IMG_0804.jpg




うん、やはり、思った程度というか
フタケタにはなっていない。
今シーズン、-6℃までは既に見ているはずだから、対記録である。
ということは、6時台に見に来ていれば、新記録にはなっていたのか。

いや、しかし、温度記録がどうこうよりも
遂にシーズンインした、ふゆかぶさんは何と楽しいことか!




先シーズン
スパイク部は更なる進化を遂げ
250ccオフロード車へとマテリアルが移行しており
原点回帰の90ccカブでは、パワー不足と足の短さ(腰下もホイールベースも)によって物足りなさを感じてしまうのではないかという器具が頭を掠めないでもなかったのだが
どうしてどうして、流石は原点回帰、十二分に楽しめる。

今シーズン初走行での乗り味は
路面での雪だまり等のギャップを拾ってしまった際にも
コンパクトな車体と低重心が相まって
足を出しての姿勢回復が容易だ。



駐車場に入り
体をシートの外側に預け、内足を出して車体を安定させながら

IMG_0809.jpg

円を描いて遊んでみたり



右旋回、左旋回
どちらも練習をしてみる。
これが、本当に練習になって楽しい。


ただ、一人で一カ所でこういうことをしていると
もしも、人が通りかかった時、あまりにも人目がよすぎるし
写真を撮っていても、乗っている所は撮れない訳で
ここでの練習は切り上げ
パトロールに出かける。





林道を走ってみよう。

IMG_0812.jpg


これもまたトレックとして楽しい遊びだ。






もうちょっと先まで、もうちょっと先まで、と行きたいところだったのだが
グローブの中の指が冷たくなってきたことと
一人であまり奥まで行き過ぎるのもどうかという、リミッターというか生存本能が効きだしたので
同じ道を戻ることに。

帰りもやはり気温は変わらず-6℃のままだった。









何にしてもバイクは楽しい。
こうして、今シーズンのスパイク部出動
ふゆかぶ号の巻は幕を開けたのであった。






それじゃどれか↓押してみてもらうといいかもしんないよ

にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へbanner.png




みんなもやってみると楽しいよ〜







posted by ふゆかぶ at 12:55| 岩手 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | カブ  やバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

冬支度ということで

さてさて
とうとうオフシーズンとなる FZ-Sと
いよいよシーズンを迎えようとしている DR、
ショック外してオーバーホールに出したいから
手伝いついでに、写真撮ってネタにしてくれ。

という、楽しそうな誘いがあったので
行ってきました、ガレージ取材。



サスに重さをかけない状態と
ライダーが乗った状態での
サスのストロークの差を
サグといって

何てな事を書くと
只でさえバイク記事を書いたときの反応がないブログなのに
更に退かれてしまうので(笑)



まあ
採寸するとこは採寸しておいてから
がぼっとフロントフォーク外して


_IGP3609.jpg

みたり




それまでのツインショック全盛だった時代から
ボトムリンク式のモノサスになって(80年代初頭)
レバー比が、ああたらどうたらという進化があって
それ以来、懐古主義な設計でなければ
ほとんどのバイクがボトムリンクになっていった訳だが


あー
ま、なんだ

_IGP3619.jpg

リンク部分のお写真です。






続きを読む
posted by ふゆかぶ at 22:03| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カブ  やバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。