2018年02月25日

サイトギ 平成参拾年

御返地には似鳥八幡神社がある。
元々は糠部三十三観音巡札の札所として似鳥観音と称されていたが、明治の廃仏毀釈の流れからか、誉田別命を祀る八幡神社となった神社である。
この似鳥八幡神社で旧暦一月六日に行われる春の例大祭が「サイトギ」である。今日は通常カタカタ標記で「サイトギ」と書かれることがほとんどだが、どうやら「祭齊」や「紫燈木」と表記されていたもののようだ。

_DSC3717.jpg



サイトギの起源についてはそれを示す文献が無いので判っていないが、今からおよそ450年前の天正五(1577)年の棟札が見つかっていることから、400〜500年前後の歴史があるものと推定される。



内容は「オコモリ」「水ごり」「裸参り」「火祭り」にわかれ、旧暦で年明けしたばかりのこの時期に、オコモリの様子とサイトギの火の粉の方角という2つの要素によりその年の作柄を占い五穀豊穣無病息災を祈願する祭りである。また豊作祈願ばかりではなく、夏のヤマセと冬の寒さの受ける中山間地にあっては、病や飢え、自死や交通事故などで亡くなった御霊を鎮める祀りという側面もあるようだ。

このサイトギは、二戸市無形民族文化財、国の記録作成等の措置を講ずべき無形の民族文化財(選択無形文化財)に指定されている。

さて表面をざっとなぞった程度ではあるがサイトギについての基礎知識を入れたならば、ここからは写真入りで見ていこいう。







オコモリ

お米盛りから由来しているとのこと。米・麦・ヒエ・アワ・キビを混ぜて炊いたものを剣状に五つ盛り、一晩凍らせたものを旧元日(以下旧暦表示)に神前に供える。
元日に凍らせたオコモリが六日のサイトギでどういう状態になっているか、溶けていたり虫がついていたりするのは凶占ということになる。
*今回写真は無しですので検索か想像ででどうぞ。







_DSC3541.jpg

拝殿では神楽奉納に続き、従事する男衆のご祈祷が行われた。
また、この辺りからサイトギに火が入れられる。

_DSC3539.jpg







その間、境内では餅と汁もののお振る舞いがあった。

_DSC3540.jpg

モデル 青森県からサイトギ見学に訪れた友だち
この夜、何とはなしにサイトギ待ちの人たち会話を聞いていると、久慈、八戸、盛岡方面と各地からも見学に訪れている人が多いようだった








水ごり

先ほどお祓いを受けた男衆、下帯姿になりいよいよ出番となる。
井戸に移動し、しめ縄を張った樽から手桶で水を汲み、三回水をかぶる。この日は氷点下5度前後ほどであっただろうか。

_DSC3563.jpg


_DSC3615.jpg


_DSC3593.jpg


_DSC3609.jpg


_DSC3619.jpg


以前参加者から聞いた話では、気温が氷点下に下がった方が水が暖かく感じられて楽だとのことであった。また、寒さや雪が舞うのは構わないのだが、雨に濡れると逆に低体温症を起こす可能性があり注意しなければならないとも。







裸参り

水ごりの水滴を一旦拭き取り、口紙を咥え腰蓑をした男衆は幣束を持って裸参りを開始する。

_DSC3667.jpg


側道から一旦下がり、鳥居をくぐりながら石段を上り神社へ。
三度の参拝をし、境内のお堂を巡る。
神前への参拝なので、観客がこの列を乱したり横切ることは許されない。







火祭り

井桁に組まれたサイトギは煌々と燃え上がり、その周りを男衆が取り囲む。
長い棒を持った男衆は、法螺貝と太鼓の合図で棒を大きく揺さぶり、サイトギは大きく火の粉を舞い上げる。

_DSC3704.jpg

先程来三度という数字が出てくるが、ここでも三度サイトギが叩かれ揺さぶられる。早稲・中稲・晩稲を占うとのこと。

_DSC3697.jpg


_DSC3709.jpg


_DSC3724.jpg


_DSC3712.jpg


この炎と煙の方向が神社の下側に流れると豊作、神社側に流れると凶作になると云われている。
先に出たオコモリの様子との2つの要素で占うのである。







_DSC3768.jpg

お勤めを済ませた男衆、境内での写真撮影には笑顔もこぼれる。






_DSC3776.jpg

神職によるご託宣は、オコモリの形状、サイトギの炎の流れ具合から、本年は豊作との事であった。




取材:donanooyofilm
参考文献:広報にのへ2011.3.1号
posted by ふゆかぶ at 18:08| Comment(0) | 二戸界隈的なおはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

二戸市郷土芸能際兼二戸地区郷土芸能発表会兼北緯40℃ナニャトヤラ連邦郷土芸能交流会

タイトルが長うございますが、本年は二戸地域、久慈地域、八戸地域の郷土芸能を持ち回りで発表するという交流会の年に二戸があたったこともあり、正式名称は「第35回二戸市郷土芸能際 兼 第44回二戸地区郷土芸能発表会 兼 北緯40℃ナニャトヤラ連邦郷土芸能交流会」という、も、は、何が何だかよくわからない冠になってはおりますけれども、その分、他の地域の郷土芸能も見られるというお得回になっております、はい。

てなことで、行ってきました「二戸市郷土芸能際兼二戸地区郷土芸能発表会兼北緯40℃ナニャトヤラ連邦郷土芸能交流会」ああ、長ぇ。長すぎるので以下、郷土芸能祭で表記ますね。

そんな郷土芸能際
過去11年10回に渡りブログで紹介しておりまして、どうやら今回が11回目の記事のようです。単純に凄ぇな俺!な訳でもありますけれども、兎にも角にも郷土芸能祭なのでありますよ。

いつもですと二戸市内だけの郷土芸能が紹介される(でもこれ凄いんだぜ10前後あるんだぜ)のですが、今回は交流会やらを兼ねていますので田子・一戸・軽米・九戸はもとより、久慈方面、八戸方面の郷土芸能も見られちゃうという、とてもお得な回でございました。

の割には観客席は毎度毎度のあんな入りでしたけれども
でも今回嬉しかった事は、独自のヒアリングによると、八戸や花巻の方もどこからかどうにか情報を聞きつけて二戸まで足を運んでくれて、人によっては実際に泊まって金を落としながら鑑賞してくれたということです。やっぱり宣伝って大事だねと思ったものでありました。郷土芸能好きなニッチ層は各地に確実にある程度います。しかも、フットワークの軽いその方々はネットでの情報発信力をかなり強力に持っていますので、そこに訴求できるのは嬉しことですね。
どうぞ、お互いにどんどん広めていただいて、また交流をしてくださいませ。

てなことで、今年の郷土芸能祭
一挙掲載でいきますよ!


_DSC1706.jpg
虎の口_田中新山社神楽保存会_一戸


_DSC1730.jpg
七ツ物_坂本七ツ物保存会_二戸


_DSC1756.jpg
盆枚、番楽_金田一神楽保存会_二戸


_DSC1842.jpg


_DSC1863.jpg


_DSC1852.jpg


_DSC1873.jpg


_DSC1879.jpg


_DSC1896.jpg
鳥舞_田子神楽保存会_田子





_DSC1927.jpg


_DSC1946.jpg


_DSC2047.jpg



_DSC2054.jpg
剣舞、権現舞_沢田神楽保存会_軽米






_DSC1968.jpg

ナニャドヤラ_久慈備前太鼓_久慈


_DSC1977.jpg

白銀ころばし、十二足、白銀おしまこ_白銀おしまこ_八戸




_DSC2007.jpg


_DSC2010.jpg


_DSC2027.jpg


_DSC2045.jpg
権現舞_江刺家神楽保存会_九戸



_DSC2059.jpg
登り駒、あいさつ駒、水飲み駒、遊び駒_生平駒踊り保存会_久慈




_DSC2071.jpg

_DSC2085.jpg
ナニャトヤラ_二戸市ナニャトヤラ保存会_二戸




_DSC2095.jpg
酒濾し舞_駒ヶ嶺新山神楽保存会_二戸




_DSC2118.jpg
三坊荒神_下斗米山伏神楽保存会_二戸




_DSC2128.jpg
盆舞、天狗舞_竹内神社神楽保存会_二戸




_DSC2161.jpg
陵王_天台寺舞楽保存会_二戸




_DSC2192.jpg


_DSC2211.jpg
鹿踊り_上米沢鹿踊り保存会_二戸



_DSC2228.jpg


_DSC2280.jpg
大蛇退治の舞_呑香稲荷神社神代神楽保存会_二戸





_DSC2295.jpg
番楽、虎の口、三番叟_新山神社神楽保存会_二戸







んー、まあ、観た感想としては、各団体演じるという事に差があるけれども、高校でも郷土芸能委員会や部が全国区レベルで、その流れで大人が演じるところは本当に素晴らしかったです。そういうところの演目はまた観たいと思います!
posted by ふゆかぶ at 20:19| Comment(2) | 二戸界隈的なおはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

呑香稲荷神社裸参りを見てきたよ

戌年となりました
明けましておめでとうございます 本年も宜しくお願い申しあげます



さて、1月2日は呑香稲荷(とんこういなり)神社裸参りの日でございます。
もう皆さんご存知ですよね
2016
2011
2010
とまあ2010、2011は軽く触れていますけれど、2016のところを読んでいただくと、裸参りの歴史などにも触れていますので判りやすいと思います。

2012〜2015は鳥居を潜れなかった時期でしたので記事がないのですが、2017はなぜ無いのだろう?
そうそう、2017は雨が降ってしまい逆に体感温度が低く感じられるため見送りとなった経緯がありました。そうでした、そうでした。


ということで2018です。
今年は雪が無い。そして今夜は-3度前後とそこそこ暖かい。
ギャラリーには優しいけれど、納める人々にはもう少し冷えて欲しいところではないかしら。


などと漠然と思いながら、御一行様に先回りして呑香さんで待ちます。
待ってる間に、その辺も撮ってみよう。

_DSC0705.jpg



_DSC0712.jpg


_DSC0714.jpg



_DSC0707.jpg







お、そろそろ太鼓の音が聞こえてきましたよ。
御一行様、石段を上がってきました。


_DSC0724.jpg

うむ、寒そうです。




境内に上がると、火の回りを巡り

_DSC0731.jpg



いよいよ水垢離です
今年は10名がご奉仕されております。


_DSC0738.jpg


_DSC0743.jpg


_DSC0748.jpg


_DSC0755.jpg


_DSC0760.jpg


_DSC0768.jpg


_DSC0772.jpg


_DSC0777.jpg


_DSC0785.jpg


_DSC0791.jpg





五穀豊穣
無病息災
家内安全




_DSC0810.jpg


今年も良い年でありますよう
有難うございます お疲れ様でした



おしまい





posted by ふゆかぶ at 10:14| Comment(2) | 二戸界隈的なおはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。