2016年03月27日

茶屋 de えんぶり鑑賞会

さて、更新してないな〜と思っているうちに1月半が経ち、年度末も押し迫って参りました。
そろそろ書こうよ。
ということで話は2月6日、南部地方えんぶりを見た日の午後に戻ります。


この日、「北村茶屋&殿さまあんぱん」に「福田上えんぶり組」が門付けに来ますので遊びに来ませんかと茶屋さんに声をかけていただいていたので、午後はそちらへ。


ま、まずは腹ごしらえ
そばでも食いましょ。

IMG_4627.jpg

パンも買っときましょ。

IMG_4630.jpg



とかしているうちに、えんぶり組が門付けにやってきました。
ではでは、茶屋から外に出て「茶屋 de えんぶり鑑賞会」のおさしんでございます。





_DSC4444.jpg

この道路を挟んだ向かいの建物が、これがまたいい佇まいをみせてますなぁ。



_DSC4460.jpg

太夫が摺り始めまして



ちびっこたちも次々と魅せてくれます

_DSC4473.jpg


_DSC4482.jpg


早乙女も可愛いですね〜

_DSC4487.jpg



金輪きりも見られるとは、じっくり時間を取った門付けだからこそ、でしょうかね。

_DSC4587.jpg




大黒舞もいいですよ

_DSC4607.jpg


_DSC4615.jpg


_DSC4630.jpg


_DSC4633.jpg


_DSC4649.jpg





恵比寿舞
これは好きな祝舞なのですが、演者の年代や技によってかなり違ってくるという難しい演目 と思うんだ、見ていると。

_DSC4679.jpg



そして太夫による摺り納め

_DSC4728.jpg

冬だから日が短く、もう、入ってくる光が違うのね。

ここまで、どうだろう、1時間前後にもなるでしょうかね
たっぷりとえんぶりを披露していただきました。


いやぁ、「福田上えんぶり組」による門付け「茶屋 de えんぶり鑑賞会」
楽しめました、よかったです〜。

北村茶屋&殿さまあんぱん さん  来年もやってくださいましな!
posted by ふゆかぶ at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜
い〜や〜、こたらごどやってらの!?
しかへでよー!!
っても名川中も見ねばまねがったしな…。
分身の術欲しいー!!
にして福田上さん、働ぐなあ〜!!
Posted by やすお at 2016年04月03日 09:39
やってらったんだよね〜
もとよりかぐすきはながったんども、いやいやせばすかへでねがったがもしれねぇな。やぁ、もうさげねぇ。来年もやる方向で動ぐずすけ、それに期待だな。
んだんだ、福田上さんかせぐんだよなぁ〜。
Posted by ふゆかぶ at 2016年04月03日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック