2012年08月25日

化石展、日曜まで!

今、二戸市歴史民俗資料館で化石展を開催しております。
記事にするのが遅くなったのですが、日曜までです。これを書いている今日は土曜です。
平たくいえば、えー、明日までです。


小さい頃、陣場山を遊び歩いていると地層には貝の化石が簡単に見つかったものですが
そうなのです、この界隈はその昔は海だったのです。
パレオパラドキシアの化石も見つかっていることからも、海辺だったことが判ります。



ということで見に行ってみました。



_IGP0163.jpg
ニノヘサルボウ


_IGP0164.jpg
ニサタイニシキ


_IGP0166.jpg
シラトリアサリ


二戸、仁左平、白鳥は、ここいらの地名ですね。
学名に地名がつくということは、ここで発見されたということです。
実は凄い事なのです。






そして、パレオパラドキシアもほぼ完全なかたちで発見されております。

_IGP0168.jpg

現在は、盛岡の岩手県立博物館に展示されているそうです。




また、デスモスチルスの国内初発見は島根県というのが定説でしたが

_IGP0171.jpg

研究の結果、二戸が初だったという可能性指摘されているということなのです。それも2011年の新説として。





とまあ、色々と楽しい資料満載の化石展
明日までだけど、行ける人は行ってみると面白いよ〜
posted by ふゆかぶ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 二戸界隈的なおはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック