2017年07月29日

内間木洞の写真を仕込むだけ仕込んでおいて、記事を書くのを忘れていたよ

ということで

久慈市山形町にある内間木洞は、日本で5番目に長い鍾乳洞なのだそうです。
この内間木洞、年に2回だけ一般公開の日が設けられており、7月の第二日曜がその日であります。もう1日は冬です。
そんな内間木洞に潜伏してまいりました。


鐘乳石
上から水がぽたぽた落ちて、それが石になるのが石柱(せきちゅう)       これが氷だと氷柱(つらら)
上からの水が地面に落ちて、そこから上に石が伸びるのが石筍(せきじゅん)   これが氷だと氷筍(ひょうじゅん)

洞窟には蝙蝠がいそうですよね
いるんです、いるんですが、今年は目に止まらなかった。
何年か前には確かに見たのだけれど、写真を撮れたかどうかは謎です。


うーむ、書けない。
では、いつものごとく写真を一挙掲載してしまうのだ。



_DSC8193.jpg


_DSC8194.jpg


_DSC8200.jpg


_DSC8206.jpg


_DSC8213.jpg


_DSC8217.jpg


_DSC8223.jpg


_DSC8224.jpg


_DSC8225.jpg


_DSC8229.jpg


_DSC8234.jpg


_DSC8236.jpg


_DSC8239.jpg


_DSC8252.jpg


_DSC8255.jpg


_DSC8260.jpg


_DSC8270.jpg


_DSC8299.jpg


_DSC8302.jpg


_DSC8321.jpg



はい、おしまい。
posted by ふゆかぶ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする