2013年10月15日

初冠雪の岩手山を八幡平で見る

ちょっと風呂行きたいな
ということで、ふらっと八幡平へ
その日初冠雪だという岩手山も一緒に見れちゃうという、なかなかにお得つあーでした。




安比を通って八幡平を目指す
と、途中にアイス屋さんがある

IMG_0605.jpg

あるなら食わねばなるまい。

これは、何だっけ?
カシスとミルクだった気がする。





そして八幡平樹海ラインに入り
途中で写真等もさらっと撮りつつ
(今回、本当に、写真メインで撮りには行っていない感がありありの画ばっか)

_IGP8329.jpg



IMG_0609.jpg


風呂へ

藤七温泉は、過去最高の込み具合(当社比)
こんなに人がいた時に当ったことがないや。

そうこうしている内に、どんどんガスが出て風も出てきて
何カ所かある露天でも、ぬるい所につかっていると風で寒い。
調度いい温度の露天に移動。

でも、ああ、そうだな
山登っている時の、稜線での風やガスに当るとこんな感じで寒いんだっけなと思い出す事ができた。
ので、これはこれで良しとする。



そして、下りてきて

初冠雪なら、これが分かりやすいかなという写真をぱちり

IMG_0615.jpg

久々に、じっくり温泉に入って、よい日でした。
posted by ふゆかぶ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

御所野工芸まつりで郷土芸能を見る

一戸の御所野縄文博物館には、きれいに手入れをしている御所野縄文公園があり、今日と明日、第2回御所野工芸まつりが開催されております。

竹細工をはじめとした工芸品が販売されていたり、もちろん縄文博物館の見学も出来たり、歴史に想いを馳せながら楽しい時間を過ごすことができます。

その工芸まつりのプログラムでは、ステージ発表の郷土芸能があり、今回はそれを見に行ってきました。

いくつかの演目の中から
お目当ての2演目を。


根反鹿踊り(一戸)

_IGP8042.jpg


_IGP8143.jpg


_IGP8147.jpg


_IGP8150.jpg


郷土芸能は、演じる場所や時期によってそれぞれの組の構成が異なってきますので
前に見たものでも、また違う印象を受けることがありますね。






鬼柳鬼剣舞(北上)

今日の組ではトリを務める鬼剣舞、40分の時間をもらったということで18だかそこいらある演目の内5つを披露してくれました。

_IGP8227.jpg


_IGP8251.jpg


_IGP8285.jpg


_IGP8291.jpg


_IGP8310.jpg


_IGP8311.jpg


子どもがけなげに演じているものもそれはそれでいいのだけれど
やはり、踊りは身体の出来上がった大人が舞うものが所作がきれいで見ていて楽しいです。


ということで、御所野で郷土芸能を見てきたのでした。



明日も行われるので、行ける方は行ってみてください。
明日の目玉は何といっても、早池峰神楽の大償神楽が一戸で見られるというところでしょう。
おいらはといえば、とても行きたいのだけれど、ちょっと時間に間に合う場所にいなさそうなのであります。

posted by ふゆかぶ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 二戸界隈的なおはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼岸花

気づくと秋ですね。
庭の彼岸花が咲いていました。

_IGP7962.jpg


彼岸花
花が咲く時には葉はなく
葉が出る時には花がない
のだそうで

_IGP7970.jpg


曼珠沙華ともいわれます

_IGP7990.jpg


秋の彼岸の頃に咲くのだそうですが
さすがに北東北では、そんなに早くは咲きませんな
彼岸も過ぎて、今頃ですわ。

posted by ふゆかぶ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭にゃぁけっこう花がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする