2012年11月27日

南部切田神楽 権現舞(音源録音てすと)

11月25日、一戸町郷土芸能祭を見にいってきました。

リニアPCMレコーダーを入手しましたので、音源録音てすとです。
編集が間違っていなければ48000Hz 16bitになっていると思われます。
音源に写真をかぶせてスライドショーにしてみました。



一戸に出かけたら十和田の神楽が見られるというのは、やっぱりどこかが繋がっているんでしょうね。
posted by ふゆかぶ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

和鞍いいっけ〜

友達のS君が和鞍和鐙を買ったってんでですね
野郎数人で、乗せてもらいに行って来たんですよ。

どちらに分類されるの?といったら、軍人鞍ではなく水干鞍に分類されるもののようだったのです。

確かに、江戸期のものらしいので、その当時の日本人体型に合わせた鞍は、今どきサイズのおいらにはちょいと小さい気もしたんですけれども
実際に乗ってみると、これがまた、イイんですよ!

そして、輪鐙の自由度の高さといったら、楽しいこと。

今シーズンこそ、ニーグリップして馬場乗りもかろうじて見られるようになってはきていますけれども
おいら元々、ニーグリップは積極的にはしない派であり、ステップというか、足裏への荷重のみで乗ろうとして
いた時期が長かったので
輪鐙がイイんですわ〜


まあ、あくまで、馬場で速足や駆足での円運動して遊んでみた程度でのお話ですけれどもね。
これに加減速やハネが加わってくると、どうなるかは分かりませんよ。
でも、初乗りの感触としては、イイんですわ〜



そして、和鞍を馬の背から外した状態で激写してみたので
一気に載せときます。




_IGP2681.jpg



_IGP2683.jpg



_IGP2685.jpg



_IGP2689.jpg


漆塗りじゃ〜〜〜
九翟紋じゃ〜〜〜




裏はこうなってる

_IGP2690.jpg

基本的に、前後、左右の板4枚からなる構造なのです。



_IGP2692.jpg



これは…紐をどう組んでいるんだろう?
確かに、甲冑師さんからは、バラすな!いわれるわな。



_IGP2695.jpg



バラしたら
自分ではもう組めないでしょう


_IGP2697.jpg




_IGP2698.jpg




う〜ん
いいもの見せて&乗せてもらったよぉぉぉ!!
posted by ふゆかぶ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

おんせいてすと

てすと

こうすると

こうなるわけだね


ふらっと録ってきて、ざっくり切って出してみた音
posted by ふゆかぶ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。