2012年06月28日

岩手山、姫神山、早池峰山

岩手山、姫神山、早池峰山 いわずと知れた「岩手三山」あるいは「北奥三鎮」である。

いつの間にか、同じ方角にこの三山を見渡せる場所は無い、と覚えていたし
岩手山と姫神山が見渡せる盛岡界隈では、確かに同一方向の視野の中には早池峰山は入ってこないのだけれど

どうやら同一方向の視野で見渡せる場所ということではなくて、パノラマ的に首を振っても三山が一度に見える日は少ないということのようだ。






ネットで拾った話を簡単にかいつまんで書いてみよう。


岩手山は実に雄大な山で、周りの山々も南部に岩手山ほど男振りのいい山はないと褒めそやしていたため、天狗になった岩手山は、妻の姫神山を、おまえのような女は出て行けと追い出してしまった。

岩手山=男神
姫神山=女神

ここまでの筋は大体定説のようだ。


そして、早池峰山が男神か女神かでちょっと話が変わってくる。





早池峰山、男神バージョン

追い出されて歩いていた姫神山は、早池峰山とばったり会う。
訳を聞いた早池峰山は姫神山を気の毒におもい、今夜はうちに泊まれと。

翌朝、追い出してせいせいした岩手山は、きれいに着飾った姫神山とそれに寄り添うたくましい早池峰山を見て激怒。
実は前々から、岩手山は早池峰山を煙たく思っていたので、面白い訳が無い。
で、追い出しておきながら、こりゃ、んが、おらの嫁さ何してんのよと、岩手山はさんざっぱら文句たれて、山から火を噴いて争って、ついに早池峰山を退け、姫神山をも取り戻す。



早池峰山、女神バージョン

姫神山を娶っていた岩手山は、美しい早池峰の女神に心を奪われるようになり、岩手山と姫神山の間にいる送仙(おくりせん)に、姫神をどこか見えないところへ連れて行けと命ず。
山も木も草も、岩手山には逆らえない。
送仙は悲しむ姫神山をしぶしぶ連れていこうとしたのだが、姫神山の足はどうしても進まない。

翌朝、岩手山はまだその場に残る姫神山を見て激怒し、言いつけに背いた送仙山の首をはねた。
こうして送仙山の山頂は平になる。
その後、穏やかさを取り戻した岩手山は送仙山の首を肩に置き、これが岩手山の肩のコブとなる。

でも姫神山は去るのだな。
去る折り、せめてもの形見と撒いた巻き子が五百森(いおもり)となる。













こうしていずれのバージョンの話でも
岩手山が見えれば早池峰山は雲に隠れるというように
岩手山、姫神山、早池峰山の三山が同時に見えることはめったになくなり、ったといわれている。












と、ここまで書いて何がいいたいかというと
折爪岳山頂の展望台からは

image/2012-06-28T08:45:48-1.JPG

設置されてからかなり経つので汚れているけど、落書きは見なかったことにして、この位置関係だけを見てもらうと


この時は、軽く雲がかかっていて、どの山も見えなかったので、本当のところは謎なのだけれど
同一方向に一辺に三山が見えそうなんじゃなかろうか?



八甲田も岩木山も太平洋も階上岳も久慈平岳も稲庭岳も八幡平も七時雨山もみんな見えることになっっているからね。




というおはなし



それじゃどれか↓押してみてもらうといいかもしんないよ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へbanner.pngにほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



posted by ふゆかぶ at 09:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

スグル

あ、なんか、こんな数字、久々に見た。

image/2012-06-27T13:42:01-1.JPG

額に書くと、どっかの星の王子さまなれるかもね〜
posted by ふゆかぶ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒暖の差が激しいようで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

十和田乗馬倶楽部フェスタ2012を見てきました

十和田乗馬倶楽部フェスタ2012を見てきました。

と一行書いてから書き出しが進まないので、過去記事ではどんな事を書いていたかを見てみると
ちらっと見に行った2011
スコールでバイク磨きの人の心配をしたw2010
2009は、くずまきの闘牛九戸のパラグライダー体験会かとぶつかって行ってないらしい
どうやら初めて見たっぽい2008
まあ、毎年、凄い事は書いていないから、今回も気楽に書こう。
にしても、そうか、ハラか。今年参加側で出られなかったのには、そんな事情があったのか。




では、写真ベースで気楽に書く、今年の分

_IGP7607.jpg

開会宣言と共に、はじまりはじまり〜





続きをみる。  本当に怒濤のアップだから、見たい人だけ見ろ。
posted by ふゆかぶ at 09:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする