2010年10月31日

ベースが違うと、似たようなイメージを伝えるのも、ちょいと難しい

先日、DR氏が祝勝祝い(にかこつけて)の飲み会をしてくれた訳だが

やっぱり、FZS氏も菅生や仙台ハイランドでお立ち台に立つ人だし
トラクションとか、骨格を使ったフォームやら、騎乗バランスやら、まあ、そういった事にも蘊蓄と実戦はありありな訳で
話が盛り上がったねぇ〜


以下、ブログな説明的に、そこそこ脚色あり。




お祝いの趣旨的に
馬の話も出たので
テクについては馬用語で問われるというか、説明する訳だけど
(そりゃ当然だ)

この夏から始めた人が
練習中の話を伝えるのに
聞きかじった程度で理解すらしていない
脚(きゃく)が、とか
手前(てまえ)が。とか専門用語を使おうとしても
何じゃ、そりゃ??で
正直、説明する方もピンとこないんだよね。



中学時分から、オートバイやらモーターサイクリストやらを読んでいて
HY戦争まっただ中ぐらいから興味があり
そして、オフ車も乗ってる人たちとしては
(程度の差はおもいっきりあるけどな)



馬ってさ
あいつら、機械的にアクセル、ブレーキ、クラッチがあるもんではないから
自分のコントロール下には全部置ける訳じゃないじゃん。

でも、基本的に跨いで乗るやつであって
だからやぱっり

上下動とか、左右にスライドした時の
Gのベクトル変換がある訳で

加減速の時には
背骨をアーチにするんじゃなくて
骨盤より上を真っ直ぐにして
Gを荷重方向へのトラクションに  ぐやぐや


んで、結局
リーンアウトなのか?
リーンウイズなのか?

リーンアウトだと
カウンター気味に姿勢作るから
内足は前に出て
外足は後ろで
上体は外に向けて捻る感じだし

リーンウイズだと
上体は進行方向に正対するから
そうするとおのずと
アウト側の肩や腕がイン側のそれより上がって
アウト側の足から前に進むし

とか


だから
外足荷重
内足荷重
どっちなのよ!?

とか


二人の間では
すごくわかりやすい話をしてた。




ただ、これが
馬の方々とか
ブログな皆さんに分かるかどうかというのは
ちょっと微妙だ



し、
あくまでも
今のおれのレベルで感じた事であって
もうちょっと上手くなると
な〜んだ、で済む話なのかもしれんしの〜




ま、ここいらへんの話
興味ある方…も、そうそうはいないだろけど
もし、こう
馬、バイク、どちら側からも
イメージを近づけて掴みやすくしたい方とかいたら
今度、もうちょい、薄く浅く(笑)お話しましょう。



まあ、そんなこんなで
楽しい飲み会をしていた訳ですよ。
ありがとう!!



それじゃどれか↓押してみてもらうといいかもしんないよ

にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へbanner.png






はい、ころもかわにはいかれませんでしたとさ。

posted by ふゆかぶ at 20:26| 岩手 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 流鏑馬みたぞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

スタッドレスに替えるのだ、の巻

はい、そろそろ冬支度も考えなきゃならない訳で
3シーズン履いたスタッドレスを、夏タイヤとして履いていたら
けっこう減りはすすんだんだよね〜

今年の夏は、これまた厳しかったもんね
そりゃ、ゴムも減るって、な。


当初の予定では
11月ぐらいになったら
ちょいと早めに新品スタッドレスに替えようと思っていたんだけど


天気予報さんでは
何となんと
ここ数日で、氷点下になるだの、雪マークがどうだのといっているじゃないですか!?


普段なら、それでも
なぁ〜に、まだまだ、つって替えないんだけど




今シーズンは
新しいスタッドレスが、もう手元にあるのと

今履いているのが
スタッドレス改スリックタイヤ

(どれくらい素敵スリックかというと、もしかしたらFZS氏が2〜3回サーキットに行ってあと1mmあるとか無いとか言ってるよりも薄いかもしれないくらいなもんで
ワイヤー出るのも時間の問題という
えっ、そりゃ素敵すぎる!!)



うーーーーーむ、さすがにこれじゃ
まあ、こないとは思うけれども
まかり間違って一発目のどっかん雪でも来た日にゃ
まずいっしょ…

雪ならまだいいかもしれないけど
夜半の雨が、明け方には氷点下になって
つるっつるのてろってろ
とかいったら
目も当てられない。



IMG_0617.jpg



いやいや
この両サイドの減り具合といい
見ようによっては、ここまで使やぁ
反って交換するのにも、勿体ない感も無く、すっきりするってなもんで。












ということで

IMG_0613.jpg

タイヤ、替えました。

新品って
溝、あるんですね(爆)

確かに
11月から履こうとしてたんであれば
ほんの1週間早くなった程度で
大筋に大差は無いものな。



さあ、これでまた
3シーズンぐらい履く勢いで走ろ〜っと。
posted by ふゆかぶ at 20:49| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

2010駒フェスタ のようす

さあ、ここからは
盛り上がりまくっている、会場の様子をお伝えしましょう。


_IGP2624.jpg

おおっと、いきなり、本物の甲冑武者が現れた。
戦国時代から伝わるという、この甲冑
一振り17kgとのことです。
やっぱり、馬上は似合うよなぁ。






_IGP2962.jpg

中心の二人は
全ての流鏑馬女子の前に立ちはだかる「大いなる壁」と
メキメキと頭角を現してきた「小学生」
さあ、右と左、どちらが小学生だ??






_IGP2892.jpg


おおっと
傘こそ開かなかったが
傘係のにんじんっ子は、輝いているぞ〜











さすがに全員は載せられないけれど、まず見ろ
posted by ふゆかぶ at 21:55| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 流鏑馬みたぞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする