2006年06月29日

パラ、タンデム体験

ということで
実は、意外に馴染みな折爪山頂Goなのです

馴染みとはいいつつ、九戸側からはほぼ行った事がないので
途中、あの道な割に迷いながら、でもなんとか山頂へ着いたのでした






さあ、ここが飛び出しの場所だよ
丁度、今日の今日、刈り払いがされていたらしく、とてもきれいに刈られております
ぴちっと手が行き届いていて、走り出すにはよい感じです



でも、初心者には

この斜面を下に向かって走り出せ!

な、指令には、ビビるわな




IMGP0807.jpg










どがしてるうちに
いきなりタンデムフライトが始まってしまった


人数多いし、風の状態や、(明るい内の)時間もあるからね
まぁ、いける人からいきましょう





人数多いんで、じゃんけんで順番決めつつ
どんどん飛び立っていくよ






ひぃぃぃい〜〜、っていうパッセンジャーは、あんまりいないんだけど
タンデム機が最初は一機しかなかったので、乗せてくれる人は大変そうでした
ありがとうございました


そうこうしている内に、もう一機タンデム機を出してもらって、二機で出られるようになりましたとさ

お、いいぞー









実は、地元の地域FM局のアナなおねぇさんもタンデムまで体験に来つつ
順番待ちの内に、体験者さんに対して、きっちりインタビューを始めつつ
横目で見ながら、でも、おれにはこねぇし〜とか思っていたら、いつの間にか来つつ

だけど、レンジの関係で、おれは聞けない!と思いつつ
Podcastやんないのー?とリクエスト入れつつ

飛び立つまでは、そんなユルい時間を過ごして楽しんでおりました





















さて、編集してたらここで気づいたよぉ







自分が飛ぶ時には、自分で自分の写真は撮れないから
おれを載せる訳にはいかない……     かもしれない









つうことで
別の方バージョンで載っけときます











よろしくお願いします、から
なんだか知んないけど、崖下へ向けて走り出す、から
浮いちゃってるよ、から
いいように左右に振られております
これはこれで、楽しそうです
までのあれです

















えーい、CCDのゴミが、とかいう突っ込みは無しでひとつ











そしていよいよおいらの番だ



前の人から、パッセンジャー用のハーネスを受け渡され
それをそのまま、装着
(後で、これがちょっと問題というか、いやぁんな感じになりましたとさ)










ハーネスをカラビナでくっつけられ
いよいよ飛び出しです



崖に向かって、走れー


でも、結構、コワくはない











とかしてるうちに
浮きました!!








おいおい
空、飛んじゃってるよ
楽しいよ











姿勢も落ち着いて来たので
ハーネスに座ろうと、ごにょごにょ


うーん、座面が、狭い

なんつうの
古い施設のスキー場のリフトで
足を載せるバーとかはないから
足宙ぶらりんになって、重いっす
股関節から下を吊るので、筋肉つらいっす




と、これが後から
ハーネスのフィッティングちゃんとしてなかったからだった
ということが判明
前の人のちびっこ身長のままで着けてしまったので、おれが座ろうとすると座面がケツをカバーしなかったんだね、これ

なーんだ、そっかそっか









飛んでいると
風切り音はそこそこするが
意外に静か


それこそ、バイクで走ってるより
回りの音は聞こえやすい


後ろで運転してくれている方の声が
無線とか無しの肉声で、普通に聞こえる











飛びながら
回りの尾根見たり
上見て、パラの羽根見たり
下の針葉樹見たり
ランディング地点の旗見たり





いやぁ、おもしれぇ









下の針葉樹林を見てるのって
グーグルアースで遊んでいる感覚にもちょっと似てたりして










この視線を持てるっていうのは凄いわ
楽しいし、多分これ、趣味としては安全な遊びだわ
何より、笑顔がにこにこして、歯見せながら笑ってるってのがいいね










さあ、ランディングだ



あそこに下りるからね
足ついたら、止まらないで走ってね



はーい










おぉ!
地面近づいて来た




いよいよ、タッチダウン
から、ダッシュ









と思ってたら








タッチダウン
で、微妙に足の高い草っ原に降り立ったら
そのまま、べしゃっと顔から前に倒れてしまった

いで


でも、グライダーは浮力を受けているから
衝撃が全部くるわけではなく
ゲレンデでこけた程度の痛みというか衝撃というか



まあ、とりあえず地面に立ちましたよ














その後
チームの皆さんに車でピックアップしていただきつつ
頂上へ





もちろん、先に戻った人々と、ニコニコしながら話をしたのでありました










パラって、面白いね
これは、いい趣味というか、遊びだわ

確かに、装備一式のお値段を聞いたりすると、どっしぇ〜、とはなるけど
でも、バイク一台買うとか考えれば、似たようなもんだしな


これは、やってみたいな〜
でも、チームの庭まで遊びに行くのは、ちょっと遠いかな〜
世間の人並みに、土日休みってわけでもないのがネックかもね〜



とかも思いつつ
いやぁ、楽しい遊びの日でありました
これは、まぁず、やってみだはぁいい




よーし、また行くぞ
おーーー




posted by ふゆかぶ at 22:11| 岩手 | Comment(4) | TrackBack(0) | 二戸界隈的なおはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

パラグライダー体験会

はい、そういうわけで今年も行ってきました。
くのへスキー場で行われた、パラグライダー体験会。


普通、チーム主催の1日体験会なんかだと、参加料で1万円ぐらいかかるような気もしますが、
なんたって九戸村主催のイベントですから、エントリーフィーがかからないというのが、
この体験会の大変に大変な魅力の一つとなっております。



今回のイベント、九戸村が主催で、お手伝いというかイントラには「FUN SKY 229」という主に田子や折爪などをメインにしているチームのみなさんがついてくださいました。その他にも七時雨からのチームの方のお手伝いもあったようです。









それでは様子を見てみましょう。






IMGP0786.jpg






ちょっと早目に到着しましたので、受付待ちの間、準備の様子です









受付を済まし、1日の保険も架け、参加者を体重別にチーム分け
体重サバ読んで申告すると、グライダーの浮力が足りなくて、浮かないよ










IMGP0787.jpg




チーム毎での器具説明など











じゃあ、いってみよ〜



(もちろん、いきなり一発目から浮いてしまってパニくらないように、順を追って練習してます)









走れーーー




IMGP0790.jpg









IMGP0791.jpg





浮いた!




とこの写真だと思うんだけどね
どうだろう











これくらい分かりやすく撮れてればよかったね〜





IMGP0795.jpg













ちょっと、ダベっております。



IMGP0799.jpg










今回も、みんな1回は飛べたようです。






やはり体験会は面白いです。
まーず、みんな、参加してみだはぁ、いい。











と、そろそろ撤収モードになっているときに
急展開!!


















折爪、風5〜6
絶好調
(くのへスキー場から折爪岳山頂のポイントまでは、車でほんの15分かそこらなのであった)












じゃあ、希望者の方、タンデムフライトに行きますか







そりゃ、行くよ
何たって行くよ












さあ、折爪へゴー







つづく











人気blogランキング ぽちっとな




posted by ふゆかぶ at 14:35| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 二戸界隈的なおはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

めでたい!

友達から、聞いてくれメール


息子が生まれた






よ〜〜〜〜〜し、めでたい
いがった、いがった
うんうん
posted by ふゆかぶ at 22:57| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする