2017年01月22日

大日堂舞楽を見る

鹿角の大日靈貴神社(オオヒルメムチジンジャ、通称 大日堂)で奉納された大日堂舞楽を見てきました。
と、この冒頭文は昨年と全く同じではないか。

モノの本によると、大日靈貴 オオヒルメムチはウヒルキ(ギ)と読み、「ウ」大いなる、「ヒ」日の輪、「ル」日の内霊、「キ(ギ)」杵、杵は女夫(めおと)の男の君を表すということで、ざっくりとまとめると、大いなる太陽の姿と霊性を宿した君となり、ウヒルキはアマテルカミ=男神の幼名であった。
というようなことらしいのですが何とも判らないので、ロマンということにしておきましょう。

と、いきなりあちゃこちゃ飛びまくっておりますが、戻りまして

毎年1月2日に行われる大日堂舞楽を見てきました。
早池峰神楽と同じ年にユネスコ無形文化財登録された、1300年もの歴史があるとされる舞楽です。

昨年に続き、2年連続2度目の見学となります。
昨年とは違う場所にポジション取りをしました。また違ったアングルの写真になっております。
あと、昨年の見学でフラッシュライトほしいなと痛恨したので、今年はつけてみました。違い、どうなっているんでしょうね。


相変わらず遅筆なのですが、どうにかこうにか1月のネタを1月の内にアップしてみよう!ということで、書いております。

が、ちょっとまとめきれないかもしれない。
いや、まとめるのが難しいような氣がする。
ブログ用に写真だけは仕込んでおいたのですが、文が追いつかない。文章書きって難しいですね。
といって写真を並べる態勢に逃げつつ更新でありますよ。

怒涛の三十数枚一挙掲載
まあ、眺めてやってくださいませな。


_DSC2056.jpg


_DSC2061.jpg


_DSC2083.jpg


_DSC2084.jpg



_DSC2092.jpg


_DSC2101.jpg


_DSC2104.jpg


_DSC2115.jpg


_DSC2117.jpg


_DSC2133.jpg


_DSC2149.jpg


_DSC2153.jpg


_DSC2159.jpg


_DSC2167.jpg


_DSC2199.jpg


_DSC2235.jpg


_DSC2241.jpg


_DSC2245.jpg


_DSC2266.jpg


_DSC2293.jpg


_DSC2300.jpg


_DSC2450.jpg


_DSC2379.jpg


_DSC2390.jpg


_DSC2393.jpg


_DSC2405.jpg


_DSC2409.jpg


_DSC2412.jpg


_DSC2442.jpg


_DSC2450.jpg


_DSC2487.jpg


はい、怒涛の一挙掲載でした。




来年以降見学に行こうと思っている方へ
まずは新年のお参りを致しましょう。
寒いです、長いです。ということは、小用が大変です。
三脚は邪魔です。
神楽殿に手をついたりする不届き者もいますが、自分はならないようにしましょう。
ぐらいかな。



当ブログ、今年もゆる〜〜〜くよろしく。
posted by ふゆかぶ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

曼珠沙華

曼珠沙華、彼岸花
庭の彼岸花、今年は彼岸を過ぎちゃいましたね。

綺麗だけど撮るのが難しい花。
撮ってたらアゲハが来てくれました。


_DSC0213.jpg


_DSC0172.jpg


_DSC0205.jpg


_DSC0144.jpg


_DSC0228.jpg


いい瞬間が撮れましたよ。







posted by ふゆかぶ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭にゃぁけっこう花がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲穂輝く黄金の国 ジパング

大層なタイトルをつけてみたのですが
大層なタイトルにしてみたかっただけです。


秋分の日に田の写真を撮ったので掲げておきましょう。

_DSC9415.jpg

稲穂のグラデーションが、出てるといいなぁ。









秋といえばこれはかなり秋っぽい写真。
ついでに春夏秋冬それぞれにそれぞれっぽい写真も探してみました。


_DSC4973.jpg




_IGP5996.jpg



_IGP8784.jpg



四季があるっていいですね。

posted by ふゆかぶ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真、スナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする