2018年02月18日

二戸市郷土芸能際兼二戸地区郷土芸能発表会兼北緯40℃ナニャトヤラ連邦郷土芸能交流会

タイトルが長うございますが、本年は二戸地域、久慈地域、八戸地域の郷土芸能を持ち回りで発表するという交流会の年に二戸があたったこともあり、正式名称は「第35回二戸市郷土芸能際 兼 第44回二戸地区郷土芸能発表会 兼 北緯40℃ナニャトヤラ連邦郷土芸能交流会」という、も、は、何が何だかよくわからない冠になってはおりますけれども、その分、他の地域の郷土芸能も見られるというお得回になっております、はい。

てなことで、行ってきました「二戸市郷土芸能際兼二戸地区郷土芸能発表会兼北緯40℃ナニャトヤラ連邦郷土芸能交流会」ああ、長ぇ。長すぎるので以下、郷土芸能祭で表記ますね。

そんな郷土芸能際
過去11年10回に渡りブログで紹介しておりまして、どうやら今回が11回目の記事のようです。単純に凄ぇな俺!な訳でもありますけれども、兎にも角にも郷土芸能祭なのでありますよ。

いつもですと二戸市内だけの郷土芸能が紹介される(でもこれ凄いんだぜ10前後あるんだぜ)のですが、今回は交流会やらを兼ねていますので田子・一戸・軽米・九戸はもとより、久慈方面、八戸方面の郷土芸能も見られちゃうという、とてもお得な回でございました。

の割には観客席は毎度毎度のあんな入りでしたけれども
でも今回嬉しかった事は、独自のヒアリングによると、八戸や花巻の方もどこからかどうにか情報を聞きつけて二戸まで足を運んでくれて、人によっては実際に泊まって金を落としながら鑑賞してくれたということです。やっぱり宣伝って大事だねと思ったものでありました。郷土芸能好きなニッチ層は各地に確実にある程度います。しかも、フットワークの軽いその方々はネットでの情報発信力をかなり強力に持っていますので、そこに訴求できるのは嬉しことですね。
どうぞ、お互いにどんどん広めていただいて、また交流をしてくださいませ。

てなことで、今年の郷土芸能祭
一挙掲載でいきますよ!


_DSC1706.jpg
虎の口_田中新山社神楽保存会_一戸


_DSC1730.jpg
七ツ物_坂本七ツ物保存会_二戸


_DSC1756.jpg
盆枚、番楽_金田一神楽保存会_二戸


_DSC1842.jpg


_DSC1863.jpg


_DSC1852.jpg


_DSC1873.jpg


_DSC1879.jpg


_DSC1896.jpg
鳥舞_田子神楽保存会_田子





_DSC1927.jpg


_DSC1946.jpg


_DSC2047.jpg



_DSC2054.jpg
剣舞、権現舞_沢田神楽保存会_軽米






_DSC1968.jpg

ナニャドヤラ_久慈備前太鼓_久慈


_DSC1977.jpg

白銀ころばし、十二足、白銀おしまこ_白銀おしまこ_八戸




_DSC2007.jpg


_DSC2010.jpg


_DSC2027.jpg


_DSC2045.jpg
権現舞_江刺家神楽保存会_九戸



_DSC2059.jpg
登り駒、あいさつ駒、水飲み駒、遊び駒_生平駒踊り保存会_久慈




_DSC2071.jpg

_DSC2085.jpg
ナニャトヤラ_二戸市ナニャトヤラ保存会_二戸




_DSC2095.jpg
酒濾し舞_駒ヶ嶺新山神楽保存会_二戸




_DSC2118.jpg
三坊荒神_下斗米山伏神楽保存会_二戸




_DSC2128.jpg
盆舞、天狗舞_竹内神社神楽保存会_二戸




_DSC2161.jpg
陵王_天台寺舞楽保存会_二戸




_DSC2192.jpg


_DSC2211.jpg
鹿踊り_上米沢鹿踊り保存会_二戸



_DSC2228.jpg


_DSC2280.jpg
大蛇退治の舞_呑香稲荷神社神代神楽保存会_二戸





_DSC2295.jpg
番楽、虎の口、三番叟_新山神社神楽保存会_二戸







んー、まあ、観た感想としては、各団体演じるという事に差があるけれども、高校でも郷土芸能委員会や部が全国区レベルで、その流れで大人が演じるところは本当に素晴らしかったです。そういうところの演目はまた観たいと思います!
posted by ふゆかぶ at 20:19| Comment(0) | カブ  やバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茶家 de えんぶり鑑賞会 2018

来年もやってね というヒキで終わっていた去年のこの会
お願い通り今年もやってくれましたよ。

今年は直前までアナウンスが出ず、やるのかしらん?とドキドキしていたら、やるったらやるのせ、という感じで開催して下さいました。「北村茶屋&殿さまあんぱん」「福田上えんぶり組」さん、ありがとう。

で、実際に蓋を開けてみると、あっという間に会を重ねて今回が3回目です。継続って嬉しいですね。
時間が若干夕方寄りになりましたけど、その分、南部地方えんぶり午後の部も見てこれたので、結果オーライでした。

古民家の庭先で門付けというのは、やっぱり風情があっていいものです。

_DSC1522.jpg
この子がね、みんなと同じ踊りをしているつもりは満々なんだっけよ


_DSC1534.jpg
3歳?だったかな



_DSC1578.jpg
やはり大人が踊るとイイですなぁ アナウンスによると、このために帰郷して来たとか



_DSC1577.jpg
写真を撮る人も載せてみる



_DSC1604.jpg
やあ、美人さんだ



_DSC1620.jpg
獲物を狙う眼差し ってか



この組は、鳴り物の大人がしっかりしているから、子ども達も上手いですよね。
来年もよろしくです!




posted by ふゆかぶ at 17:21| Comment(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部地方えんぶり2018

今年も楽しませていただきました「南部地方えんぶり」
南部町のえんぶり組が集結し、各地域でも一番最初のえんぶりとなっています。
自分は毎年初日を観るのですが、初日は剱吉諏訪神社での奉納、えんぶり行列、そして南部芸能伝承館前での一斉摺りと見処満載です。近年はここに八戸のえんぶり組1組がゲスト出演する形でまとまってきていますね。

朝ちょっと出遅れまして、現地に着くと奉納えんぶりの終盤の時刻となっていましたので、剱吉諏訪神社には行かずメインストリートで待っておりました。
程なく各えんぶり組が移動してきます。今年は雪もなく、氷点下ではあろうけれどもそれほどしばれることもなく、お子や笛ふきさんには優しい年になったようです。つっても冬だすけで寒んどもな。


_DSC0845.jpg


_DSC0834.jpg
なぜ馬?

_DSC0848.jpg
なんか面白い写真になっちゃった


_DSC0883.jpg


_DSC0902.jpg
マシンに跨る太夫



行列、各組だいたいの持ち場というか場所まで進むと、そこで摺りを披露し始めます。
今回は動画も撮って遊んでみました。





福田上えんぶり組の喜び舞
大人が舞うと、やはり上手いので見ていて楽しですわ。


そして南部芸能伝承会館前での一斉摺りです。

_DSC0928.jpg


_DSC0905.jpg


ここ数年は、まずゲストの八戸からの組の摺りが披露され、その後、各組一斉に摺り始めます。今年の八戸のゲストは横町えんぶり組でした。ここはこの次の動画で見ていただきましょう。

写真では、地元の組の一斉摺りの様子をどうぞ。
10組ぐらいを実質30分程度で見て回るので、どの組のどの演目を見ようか迷うところですが、何枚か載せてみました。


_DSC0974.jpg


_DSC1009.jpg


_DSC1249.jpg


_DSC1296.jpg


_DSC1327.jpg


_DSC1382.jpg
おまけ ブツのやり取り現場を激写(笑)




さあ、午後は伝承館の中で、名川中学校えんぶり組のえんぶり披露と、ゲストの横町えんぶり組のえんぶり披露がありました。
写真、撮ったんだけれど、屋内の設定がうまく出せずぼろ負けだったので、iPhone動画を置いておきます。
横町えんぶり組の恵比寿舞。11分とちと長いですから、時間のある時にでもどうぞ。





今回動画をデジイチとiPhoneで撮ったのですけれど、編集やアップしている時点でサイズやデーター量が色々変わっているので一概にどちらがとは言い難いですけれど、ハンドリングはiPhoneの方がずっと楽ですね。動画まで手を出すならビデオカメラが欲しいところですが、そうすると付随するぱそこんさんやモニターさんやHDさんとかも強化しなければならなくなるので、なかなかねぇ。

というようなところで、11年連続で見続けている南部地方えんぶり、今年も楽しませていただきました!

posted by ふゆかぶ at 16:51| Comment(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする